You are here:  / ネット誹謗中傷に巻き込まれないために!SNSの注意点3選

ネット誹謗中傷に巻き込まれないために!SNSの注意点3選

若者要注意!ハメを外すのはいいが・・・

一般人のSNSの炎上で最も多いのが、迷惑行為ではないでしょうか。本人たちも分かって迷惑行為している節がありますし、それを格好いいことと思い誰かに見せてすごいと思わせたい心理が炎上につながります。100歩譲って犯罪行為にならないならいいとしても、それをSNSにアップロードしてしまうと誰かが目をつけURLを掲示板や別のSNSで拡散させてしまうのです。そうなれば場所や本名を特定されかねませんので、くれぐれも節度を持って利用しましょう。

犯罪行為をSNSに投稿してしまう

犯罪行為は何才だろうともってのほかですが、仮にやってしまったらその場面をSNSに投稿するのではなく心の中にしまっておきましょう。もちろん二度とやらないことが前提ですが。本人たちは犯罪行為と思ておらず自慢げにSNSに公開してしまうとこれまた拡散され周りの人に多大な迷惑が掛かってしまいます。未成年飲酒や喫煙も学校に通報されてしまえば今まで頑張ってきたものがパーになってしまうので、もっと健全で楽しい出来事をどんどん投稿しましょう。

良かれと思ってやったことが・・・

ごく一部の例ですが、政治関連を話題にして炎上してしまうことがあります。自分の意見を強く主張すると反発するものが出てくるため、SNS上で言い合いになってしまい相手の賛同者が多数押し寄せてきてしまうことがあります。こうなったらもう逃げるしかないのです。人のうわさも75日という言葉がありますが、そんな甘い話ではありません。日本は一般人の政治的主張はあまりよしとされませんので、楽しくSNSを利用したい方は政治の話題は避けたほうがいいでしょう。

逆SEOとは、キーワードに関する検索順位を下げたり、特定のページや検索語句を目立たなくすることを目的として行われる対策法です。